So-net無料ブログ作成
検索選択

TDBインターン最終面接結果

一昨日、昨日と友人宅に泊っていたのですが、なんと
帝国データバンクインターン最終面接の結果が一昨日でました!
結果は…

ふっ!
ふっ!
ふっ!

不合格!!!

やはり…
そんな予感はしてました。

TDBの成長性と進化について伺った一時面接の時。評価機関ゆえに、あまり変化に富む環境ではないという返答を聞き、お互い少し違うのではという話はした。かじった程度の自己分析ではあるが、自分の性格上、刺激の多いチャレンジングな環境を望んでいるのは明確だったからだ。
というか、最初から充分予測できた話である。それでも受けたのは、評点を付けるという分析・評価作業と大手インターンというものを一度経験してみたかったから。正直入社したいという気持ちはかなり薄かった。面接ではそこまではっきりとは言わなかったものの、「どんなものか見てみたいんです。」程度のことに抑えておいた。
それでも一次は通ったのだから、そういう気持ちでも有りなのかと思っていた。

しかし、26日のブログにあるように、最終で求められていたのは、TDBに合う自己分析ができているものだったのではと思う。(そもそも自己分析はそこまでできてないが)それでも一次結果と、しゃべり自体の感触から5分5分と予想してはいたのだが…残念。

感じたのは、やはり、希望度の低いとこは受けるべきではないということ。どうしてもそのギャップが面接で露呈されてしまうのではないか。今回は自己分析と企業理念の間で生じたのだろう。そしてその結果、さらに曖昧な自己評価で誤魔化さねばならず、(それももちろんバレる)さらには話が冗長にあるのである。そりゃ落とされても仕方がない。負け惜しみかもしれないが、今回は相性が悪かったのだと思っている。
希望度低くても受けるのなら、完全に新しい自分を創りあげないと。笑
ただ、それでもポテンシャルでとってくれるところはあると信じている。秋は企業分析・自己分析なしにガンガン行けたからね。逆に自己分析しだして考えすぎてからおかしくなった恐れも?!

そういえば、この前の富士通の一次面接も落ちたっぽい!
ん~………
10月から始めた就活。度重なる面接。
そんななか、外資ケースを除き、今回までに受けた個人・集団面接は
06年度:金融2回、証券2回、リゾートホテル正規2回+幹部候補面談1回、旅行1回(2回目遅刻落ち)、英会話4回(5回目辞退)。
07年度:外資コンサル1回、TDB1回。
計14回!!!(外資ケース、グループ1回除く)
去年1年引きこもっていたながら全て通過してきたことは、自負できる結果であった。
しかしここに来ての連敗。。。大手の壁なのか。はたまた3年生受験者のレベルが高くなってきたのか。自己分析が弱すぎるのか。考えすぎて軸がさらにねじれてきたのか。企業分析が足らないせいか。相性のせいか。自信過剰になっているのか。一度きちんと反省する必要があるね。

それにしても1年の締めくくりの年末にこの結果は気持ち良くないね。まぁ来年の膿をフライングして出したと思うことにしよう。ポジシンポジシン♪

時間があれば1年の反省もしてみたいところだけど、卒論が落ち着いてからすることにしよう。
就職するにしろ、院に行くにしろ、就職留年するにしろ、新年は卒論という重労働から開放されて身軽な気持ちで今一度就活+色々な人に話を聞いて見ることにしよう!!!

人生はかくも短し。時間を無駄にせず、それでいて余裕を持って日々行動していきたい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

関連リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。